職場で気持ちよく働くためには仕事内容だけではなく、多くの時間を過ごす空間環境も重要視されます。特に女性にとってはトイレも見逃せないポイントで、清潔感や明るい雰囲気はもちろん、月経関係の処理もスムーズに、機能的にできることも大切です。特に女性の人数がある程度いるようなら、他人の物は感じさせないことも重要です。女性用トイレに欠かせないのがサニタリーボックスですが、ただ捨てられるだけでは今の時代では不足しています。衛生面と見た目などの複数の機能がついていることで、女性の安心感や満足度も高まります。それが仕事への意欲にもなる前向きな気持ちになるので、これから導入や切り替えを検討するなら、オフィスに適した商品をしっかりと選ぶように心がけましょう。

機能性が高いと気持ちもリフレッシュできる

トイレでサニタリーを捨てるときに不快に思うと、気分も滅入ってしまいます。そんなことがないように快適で簡単に使えれば、トイレに行くことで気分転換になって仕事にも集中できます。そのためには不快の元を改善したサニタリーボックスを設置しましょう。ポイントとしてはまず、中が見えないこと、つまり他人の物を意識しなくてよい設計です。捨て口にふたがあれば中が見えずに済みます。外側も当然見えない色なら、いらない不快感はなく使えます。さらに触れないことも衛生面では気にする方は多いです。捨てるときにふたが手動式だと、他人が触ったものですから、嫌な気分になります。しかし、自動であれば触れずに済み衛生的で気持ち的にも影響がありません。また、消臭効果もあれば臭いも問題も解決できます。

見た目もスタイリッシュにコンパクトに

オフィス用のサニタリーボックスには機能性は必須ですが、だからと言ってもともとデパートのように広い個室ではないオフィスのトイレです。場所を取ってしまっては、今度は狭くなって圧迫感が出たり、動きにくいなどのデメリットが大きくなります。そのため、ある程度のコンパクト感も選ぶときにポイントになります。また、貯まったサニタリーの回収方法も事前にチェックしておきましょう。回収の仕方や清掃が面倒だったり、大掛かりになるようだと時間も手間もかかります。しかし、難しいことがなく装置のメンテナンスもラクだとコンスタントに管理ができます。すると衛生的に保つことがずっとできるので、よりクリーンに気持ちよくみんなが使えます。オフィス用には機能だけではなく、使い続けることも念頭に置いて性能や仕様もシンプルなものを選ぶと良いでしょう。